menu

販売店様へのご案内

採用情報

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

マオウについて・その4

マオウの主要な成分であるエフェドリン(ephedrine)は,1887年(明治20)長井博士によって,関連アルカロイドと共に構造が決定された.また,エフェドリンの薬理作用である瞳孔散大,血圧上昇作用なども明らかにされたが,当時明治政府の意向により,漢方医学を捨て,西洋医学を吸収するという世相であったため,全貌解明には至らなかった.1924年,中国の陳博士とSchmidt博士はエフェドリンがアドレナリンと類似した構造をしていることに注目し,エフェドリンが気管支喘息に有効であることを見出し,喘息治療薬として臨床応用されるようになった.

TOPに戻る