menu

販売店様へのご案内

採用情報

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

丹参について

タンジンは漢字で丹参と書き,中国では漢の時代に書かれた最古の本草書『神農本草経』の上品に収載され,「心腹の邪気,腸が幽幽と鳴って水の走るが如くのもの,寒熱積聚を主り,チョウを破りカを除く,煩満を止め,氣を益す」とあり,特に冠状動脈の循環に対して動脈を拡張し,血管を柔軟にし,血の巡りをよくし,腹や胸,関節などの痛みを止め,神経を静め,皮膚の炎症などを抑えることにより,月経不順,月経痛,胸腹刺痛,オ血オ阻,心脈狭心痛,頭痛,関節痛,疼痛,赤目,癰腫瘡毒,煩熱神昏,焦燥,不眠,膿瘍,おでき,ただれなどに応用され,活血去オ薬,凉血消腫薬,清心除煩安神薬などに使われる.日本では,代替植物がなく輸入もされなかったため,丹参を配合した処方はなく重要視されていなかったが,中国では古くから使われており,丹参片,安神補心丸,冠心丹参片,腎炎丸,複合㈼号方,丹参丸,関節炎丸,痛経丸などに配合されている.

TOPに戻る