menu

販売店様へのご案内

採用情報

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

大棗について その3

タイソウの原産地はヨーロッパ南東部からアジア南部にかけてとされるが定かでない.高さ10m位に達し,しばしば刺をつける.葉は羽状複葉状に互生し,小葉は卵形〜長卵形で,長さ2〜4cm,先は鈍形で時にやや鋭形となり,基部は円形で,葉縁に鈍鋸歯をなし,滑らかで光沢があり,葉質は薄く,3つの脈が明瞭である.4〜5月に淡黄色の小花が葉腋にいくつか集まって咲く.核果は楕円形で長さ2〜3cm,滑らかで,初め緑色でのちに黄褐色となり,中に硬い1個の核がある.薬用としては果実が成熟しきらないやや赤めの頃に採取し,軽く蒸すか湯通ししたのち乾燥させる.日本産のものは多くは果肉が薄く,種子が大きく,甘味はやや弱く,わずかに酸味があり,中国産のものは果肉が厚く,種子が小さく,甘く酸味が少ない.一般的には大粒で果肉が厚く,甘く粘着質で食して美味いものが良品とされる.

TOPに戻る