menu

販売店様へのご案内

採用情報

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

大棗について その4

大棗の主な成分は糖類(ブドウ糖,果糖,ショ糖等),多糖類(アラビナン,ペクチン),有機酸類(リンゴ酸,酒石酸,クエン酸),サイクリックAMP,トリテルペノイド(オレアール酸,マスリニン酸,ベツリン酸等),サポニン(ジジプスサポニン㈵〜㈽,ジュジュボシドB等),ベンジルアルコール配糖体などを含んでおり,サイクリックAMPは高濃度含んでおり,アデニルサイクラーゼ活性やフォスフォジエステラーゼ活性が認められる.糖分が多く,高温多湿の条件下ではカビや虫がつきやすく,変敗しやすい.逆に温湿度を低くしすぎると乾燥しすぎとなり,品質が劣化する.

TOPに戻る