menu

販売店様へのご案内

採用情報

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

半夏について その1

ハンゲは漢字で半夏と書き,中国では漢の時代に書かれた最古の本草書『神農本草経』の下品に収載され,「傷寒寒熱,心下堅を主り,気を下し,喉咽腫痛,頭眩,胸脹,咳逆,脹鳴,止汗」とあり,咳嗽の中でも湿性の咳嗽の湿を除き,去痰を促し,胃の水分代謝を調え,鎮嘔,鎮吐,鎮静などに使われる薬剤に配合される.漢方では,温経湯,カッコウ正気散,甘草瀉心湯,柴苓湯,柴胡加竜骨牡蠣湯,柴胡桂枝湯,小柴胡湯,小青竜湯,参蘇飲,大柴胡湯,麦門冬湯,半夏厚朴湯,半夏瀉心湯,六君子湯など健胃消化薬や鎮咳去痰薬などとみなされる処方及びその他の処方に配合される生薬である.

TOPに戻る