menu

販売店様へのご案内

採用情報

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

当帰について その2

当帰の原植物はセリ科シシウド属の植物で、多年草の双子葉植物である。シシウド属植物は北半球の温帯とニュージーランドに約80種が分布しており、このうち日本には約20種が自生し、トウキAngelica acutiloba KitagawaまたはホッカイトウキAngelica acutiloba Kitagawa var. sugiyamae Hikinoの根を、通例、湯通しして乾燥させたものを原料としている。ミヤマトウキ(伊吹山に自生するイブキトウキはミヤマトウキに属する)が原種とされ、トウキはこれらの栽培化されたものとされるが、トウキの原種に関しては他にも説があり詳細は不明である。日本各地に自生していたイワテトウキ(岩手当帰)やナンブトウキ(南部当帰)、ツクバトウキ(常陸当帰)、イブキトウキ(伊吹当帰)などが各々区別され市場で取引されていたが、植物学的には同一種とされる。

TOPに戻る