menu

販売店様へのご案内

採用情報

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

けし(芥子)について(植物について)

 けしは医薬品原料として癌疼痛治療に不可欠な重要な薬用植物です。
 けしの仲間には、「法律で植えていけないけし」と「植えてもよいけし」があります。
 「法律で植えていけないけし」には1)ケシ(ソムニフェルム種)、2)アツミゲシ(セティゲルム種)及び3)ハカマオニゲシ(ブラクテアツム種)の3種類があり、「植えてもよいけし」と区別しておくことが必要です。

×「法律で植えていけないけし」
1)ケシ(ソムニフェルム種)Papaver somniferum ケシ科ケシ属
 麻薬の原料となるモルヒネ(Morphine)やコデイン(Codeine)を含有しているため、「あへん法」により栽培等が禁止されています。
 a)一重咲
 b)八重咲
 名称:種子がアブラナ科のカラシナ(芥子)とよく似ていることに由来。
 花:色は赤、桃、紫、白などで、大きさは径8〜12cm、花びらは4枚(一重咲)
 葉:色は白味を帯びた緑色
 草:丈は100〜160cm
 特異な特徴:葉は茎を抱き込むような形をしている。
         葉、茎、つぼみの表面には、毛はほとんどない。

2)アツミゲシ(セティゲルム種)Papaver setigerm ケシ科ケシ属
 麻薬の原料となるモルヒネ(Morphine)やコデイン(Codeine)を含有しているため、「あへん法」により栽培等が禁止されています。
 名称:愛知県の渥美半島に帰化して大繁殖していたことに由来。
 花:色は赤、薄紫などで、大きさは径6〜8cm、花びらは4枚
 葉:色は緑色
 草:丈は50〜100cm
 特異な特徴:葉は茎を抱き込むような形をしている。
注:「アツミゲシ」は植えてもよい「ヒナゲシ」や「アイスランドポピー」に間違われる事があります。

3)ハカマオニゲシ(ブラクテアツム種)Papaver bracteatum ケシ科ケシ属
 麻薬の原料となるテバイン(Thebaine)を含有しているため、「麻薬および向精神薬取締法」により栽培等が禁止されています。
 名称:果実ができて、果実の下の茎が枯れるまで残り、ハカマのように見えることに由来。
 花:色は鮮やかな深紅色で、大きさは径9〜12cm、花びらは4〜6枚
 葉:色は濃い緑色
 草:丈は60〜100cm
 特異な特徴:鮮やかな深紅色の花
         つぼみの表面の毛は寝ている。
注:「ハカマオニゲシ」は植えてもよい「オニゲシ」や「オリエンタルポピー」に間違われる事があります。

○「植えてもよいけし」
「アツミゲシ」に似ているけし
1)ヒナゲシPapaver rhoeas ケシ科ケシ属
 花:色は紅、橙、桃色などで、大きさは径6〜8cm、花びらは4枚(一重咲)
 葉:色は緑色
 草:丈は50〜80cm
 特異な特徴:葉に深い切れ込みがある。
2)モンツキヒナゲシPapaver commutatum ケシ科ケシ属
 花:色は濃赤色で、大きさは径5〜7cm、花びらは4枚
 葉:色は緑色
 草:丈は40〜70cm
 特異な特徴:葉に深い切れ込みがある。
3)ナガミヒナゲシPapaver dubium ケシ科ケシ属
 花:色は橙〜橙紅色で、大きさは径5〜6cm、花びらは4枚
 葉:色は緑色
 草:丈は10〜60cm
 特異な特徴:葉に深い切れ込みがある。
4)アイスランドポピーPapaver nudicaule ケシ科ケシ属
 花:色は赤、桃、橙、黄、白などで、大きさは径7〜8cm、花びらは4枚
 葉:色は緑色
 草:丈は70〜80cm
 特異な特徴:葉に深い切れ込みがある。

「ハカマオニゲシ」に似ているけし
1)オニゲシPapaver orientale (Papaver pseudo-orientale:プソイドオリエンターレ)
 ケシ科ケシ属
 花:色は橙〜朱色で、大きさは径9〜12cm、花びらは4〜6枚
 葉:色は濃い緑色
 草:丈は50〜100cm
 特異な特徴:つぼみの表面の毛は立ってる。

その他:青いけし(ブルーポピー)
1)メコノプシス・ベトニキフォリアMeconopsis betonicifolia ケシ科メコノプシス属
 花:色は青〜青紫で、大きさは径5〜15cm、花びらは4〜9枚
 葉:色は緑色
 草:丈は50〜120cm
 特異な特徴:葉に切れ込みがあるものとないものがある。

       参考:大麻・けしの見分け方、厚生労働省
       写真:東京都薬用植物園 2014.5.10撮影

TOPに戻る