menu

販売店様へのご案内

採用情報

アスゲン長城冠丹元顆粒

アスゲン長城冠丹元顆粒 の特徴

第2類医薬品

生薬「タンジン(丹参)」を主剤とし、活血薬(血のめぐりを改善するお薬)のセンキュウ・シャクヤク・コウカと、理気薬(気のめぐりを改善するお薬)のモッコウ・コウブシから作られています。

飲みやすい顆粒タイプのお薬です。

血」とその原因

血(おけつ)とは、漢方用語で『血のめぐりが悪くなりどこかに血がうっ血している状態、血液の粘りが高く「ドロドロ」の状態となり、流れにくくなった結果、体に悪い影響をおよぼす状態』のことを言います。
血管や血液の状態は、肥満・運動不足・睡眠不足・お酒・タバコ・ストレス・偏食などの生活習慣から大きく影響を受けます。

血行不良が引き起こすさまざまな症状・病気

傷んだ血管やドロドロした血液により血行が悪くなると、頭痛・頭重・肩こり・めまい・動悸・高血圧・低血圧・冷え性といった身体の不調の原因になります。
ひどくなれば、脳卒中・認知症・狭心症・心筋梗塞・網膜症・くも膜下出血など重篤な病気につながる可能性もあります。

体質だと思ってあきらめていた「調子の悪さ」も、実は血行が原因かもしれません。
年齢とともに、血管や血液の健康に気を配ることがより大切になります。

生薬「丹参」とは

丹参とは、シソ科の植物・タンジンの根を乾燥させたものです。サルビアの一種で、初夏から夏に淡い紫色の花を咲かせます。
漢方薬として古くから用いられ、以下のような効果が期待できるとされています。

「丹参」の適用症状

TOPに戻る