menu

販売店様へのご案内

採用情報

喘妙ぜんみょうシリーズ

喘妙ぜんみょうシリーズの特徴

第②類医薬品

マオウ・カンゾウなど気管支拡張、鎮咳去痰作用を有する7種類の和漢薬エキスと洋薬成分を効果的に配合し、せき、喘鳴(ぜーぜー、ひゅーひゅー)をともなうせき・たんの症状を改善する医薬品です。

錠剤・散剤・シロップ剤の3種類があり、幅広い年齢の方にご使用いただけます。

特徴1:コデイン(麻薬性鎮咳成分)を配合していない

コデインによる便秘や眠気が起きにくい

特徴2:和漢薬+洋薬を効果的に配合した鎮咳去痰薬

特徴3:洋薬成分を配合

・気道分泌を抑制しない非麻薬性中枢性鎮咳成分の「ノスカピン」(散剤・錠剤)、「ノスカピン塩酸塩水和物」(シロップ剤)
・気道分泌を促す去痰薬の「グアヤコールスルホン酸カリウム」
など

特徴4:毎食後+寝る前の1日4回の服用(寝る前の服用が就寝中のせきにも効果的)

こんな方におすすめ

かぜの後の長引くせき・たんの症状に

かぜの後のしつこいせき・たんに去痰作用、抗炎症作用、気管支拡張作用のある生薬を配合した鎮咳去痰薬で効果的に症状を鎮めます。

就寝時にせきが出やすい症状に

一般的なせき止めは1日3回の服用がほとんどですが、1日4回服用のため、寝る前にも服用ができ、就寝中のつらいせきに効果的です。

小さなお子様からお年寄りの方のつらいせき・たんの症状に

錠剤は5歳から、散剤は3歳から、シロップ剤は生後3ヵ月から服用できます。

せき発作の起こる原因

  1. ダニやホコリなどのアレルゲン
  2. 深夜や早朝、季節の変わり目など気温差が激しい環境
  3. PM2.5などの大気汚染物質を吸い込んでしまう事

配合されている生薬(和漢薬)とその作用

配合されている洋薬とその作用

TOPに戻る