menu

明日ゲンキになるマメ知識明日、ゲンキになるためのマメ知識

アスゲンのお薬に使用されている成分の原料や
それぞれの効能などをわかりやすくご紹介しているページです。
健康に関する最新情報もあわせて随時更新してまいりますので、
毎日の豊かな暮らしづくりにぜひご参考ください。

敗血症 、ご存じですか?

 暑かった夏が噓のように朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

なんといっても師走、12月ですからね。弊社のある東濃地方も紅葉真っ盛りです!!

さて、今日は私と私の父が経験した「敗血症」という病気についてお話します。

 

 「38.5℃の熱がある。寝ていれば治るから心配しないでくれ。右手が痛いから上にして寝る。これは先週、庭木の枝を剪定してその筋肉痛だろうな。」しかし心臓に持病を持つ70代後半の父の右手はグローブのように腫れています(以下、写真あり)。立ち上がることもままならず、ふらふらしています。嫌がる父を病院に連れていくと、診察の結果、すぐに抗菌薬の点滴となりました。なぜ抗菌薬なんだろう?

<医師>「指先から何らかの細菌(この時は黄色ブドウ球菌)により体内で炎症が起きています(炎症値(CRP)=22.0。通常は0.1~0.2 かなり高い)。心当たりはありますか?」

<父>「庭掃除のとき、とげのある枝が指に刺さって痛かった。」

<医師>「ああ、その時の傷かもしれません。放っておいたら、『敗血症』を起こして危なかったですよ。間に合って良かったです。」

敗血症?何ですか、それは? 調べてみると父の症状に当てはまるところがたくさんありました(怖)。

 「敗血症とは、何らかの細菌やウィルスに感染することによって全身にさまざまな影響がおよぶ非常に重篤な状態であり、心臓、肺など体の重要な臓器の機能が障害(臓器不全)され死に至る。患者数は世界で年間約2700万人で、そのうち約800万人が死亡していると報告がある。日本での年間死亡者は10万人を超える(1時間で10人以上!?)と推計されている。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。悪寒(38℃以上の発熱を伴うことがある)、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80% 程度の患者で全身の炎症を反映して著しい発熱を示すが、10~15% 程度の患者では低体温症(目安は体温36℃以下)となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養とが届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。」(参考:Wikipedia)